« ツバメが低く飛ぶと雨(5月) | トップページ | 山腹に横雲引くのは雨(6月のことわざ) »

2006年4月26日 (水)

風吹けば目医者が儲かる(春のことわざ)

春の気象病に注意を

春といえば、長い冬から開放され、人間にとって一番快適な季節であるが、季節の変わり目であるので、天気変化が激しく、人体にも大きな影響を与えて、俗に言う気象病(気象変化によって誘発される病気)が起こり易いと言われている。

春は「風が吹けば桶屋が儲かる」と古い言葉があるが、
実は風が吹けば目医者や製薬会社・薬局がもうかるのである。春は風が強いので砂ほこりや中国大陸からくる黄沙が降る日もあり、更に、スギ花粉・ヒノキ花粉が舞い上がり、それがのどや鼻の粘膜について、一種の炎症を起こし、ひどくなると湿疹や発熱を起こす人もいます。また、春は低気圧や前線の通過する日が多いので、生活のリズムが狂ったりし、老人や体の弱い人は、下痢や顔面神経マヒが起こりやすい人が私の近くにいます。春の気象病は今が一番注意が必要な時期です。

 所沢のトトロの森では「穀雨」を向かえた頃からハナミズキ・フジ・ライラックの花が咲きはじめ、今日(4月26日)は満開です。花咲き鳥歌う新緑の狭山湖畔は最高のハイキングコースです。狭山湖の鳥たちは冬鳥から夏鳥に変わり、数多くのうぐいす・ヒバリなどが鳴いています。

 春の気候は移り変わりが激しく、今日は晴れて暖かい良い天気でも、明日は天気が崩れて冷たい雨で、冬を思わせる寒さに戸惑ったりすることもしばしです。

|

« ツバメが低く飛ぶと雨(5月) | トップページ | 山腹に横雲引くのは雨(6月のことわざ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風吹けば目医者が儲かる(春のことわざ):

« ツバメが低く飛ぶと雨(5月) | トップページ | 山腹に横雲引くのは雨(6月のことわざ) »