« 夏山の気象(その2) | トップページ | 夕立は馬の背を分ける(夏のことわざ) »

2006年8月20日 (日)

夏山の気象(その3)

夏山の話題になるのは、何と言っても恐ろしいのは雷である。

雷は一時的な現象なので登山には支障をきたさないため、比較的甘く見て電撃により、遭難する例は登山人口に比例して近年は減少している。さて、夏空に大きな入道雲が出て、午後になると雷鳴とともに激しい雨が降る。ところが、山の中にいるとその雲の中に入っているため、霧の中で突然強い雨に遭遇して、稲妻が走り、耳の鼓膜が破れるような雷鳴、雹も降ることすらある。
昭和42年8月1日午後1時30分、松本の高校生が西穂高岳独標で一度に11人が電撃に打たれて死亡した事故は山での雷の恐ろしさを端的に物語っている。山での雷の恐ろしさは体験者でなければわからない。

雷の発生原因はいくつかに分類出きるが、夏山の場合の殆どが、強い夏の日射の影響で大気が不安定になる雷(熱雷)が起こる。また、寒冷前線が通過するとただでさい雷が起こるところへさらに不安定が増し、大規模な雷(熱的界雷)となるこの2種類がある。中部山岳の雷は北関東地方に続き雷の発生地となっている。特に、八ヶ岳や浅間山麓、北アルプス南部が多く発生している。雷の発生する時間帯は、正午を過ぎるとグーンと多くなり、午後1時から午後3時が一番多い。

山で雷災を避けるには、一番新しい天気予報を頭に入れておいて、ラジオでの「ガリガリ」と言う雑音に注意を払い雷雲をキャッチしながら行動し、早目に山小屋に着くことが最も安全な方法である。登山中に大粒の雨が降りだしたら、大きな雷雲が頭上にあると予想し、素早く岩かげ、窪地に逃げこむ金属を身体から離すことが応急手段である。雷の中でも最も恐れられているのは「カラ夕立」と言い、雨も降らず雷光雷鳴もなく、突然電撃を受ける場合がある。

20年前白馬山荘小屋番の清水支配人は山の雷について---「平地の雷は上からであるが、山の雷は山膚を這う。青光の火柱が一瞬にピシャーアーと言う音と共に岩肌をお染めた時、登山者が倒れて意識不明となり、雷災を受けたのを目撃した」と恐ろしさを語って頂いたことを思い出す。

|

« 夏山の気象(その2) | トップページ | 夕立は馬の背を分ける(夏のことわざ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏山の気象(その3):

« 夏山の気象(その2) | トップページ | 夕立は馬の背を分ける(夏のことわざ) »